封神演義 全巻

最初から最後までしっかりブレることないストーリーで誰にでも読みやすい封神演義。
途中で何人かの仲間が封神されてしまうシーンは涙なしでは語れません。

 

ギャグの要素も強いんですが、感動する場面はしっかり決めるアクセントのつけ方も見どころですよね!
それぞれのキャラクターに感情移入してしまうほど。
特に太公望の親友である普賢が自分を犠牲にして封神されてしまうシーンは本当に悲しいのだけれどファンの間でも人気のあるシーンだと思います。

 

主人公の太公望も、他の漫画にはないような面白さと頭の良さを持っていて、
このキャラだからこそこんな面白い話にまとめることが出来たのかなとも思います。

 

さて、ちょっと熱く語ってしまいましたが、そんな封神演義。
全巻セットでまとめて買うなら、どうせなら、お得に買いたいところです。
では、どこがいいんでしょうか?

 

ちょっと、これから詳しく見ていきましょうね。

 

封神演義の最安値はドコ?

サイト名

巻数

新品

中古

漫画全巻ドットコム

18冊

12,570円

最新の価格を見る

全巻漫画.com

23冊

2,990円

最新の価格を見る

楽天ブックス

Amazon.co.jp

18冊

5,400円

最新の価格を見る

※調査日:2017年7月6日
※各サイトの価格や冊数は、上記調査日時点での情報です。冊数や価格は変動する場合がありますので、 ご購入前に必ず各サイトにて最新情報をご確認下さい。

封神演義のストーリー

中国の殷の時代、皇帝紂王は優れた力をもち殷を平和に治めていたが妲己を皇后に迎え入れ惑わされるようになってから殷の国は乱れてしまう。
その乱れた政治にストップをかけるべく崑崙山の教主元始天尊は弟子である太公望に悪を封神する「封神計画」を実行するよう命じる。

 

封神計画をスタートさせた太公望は多くの仲間と出会い妲己に近づいていくがその中で見えてくる「封神計画」の真の目的。そして太公望に隠された秘密。
全てが明らかになった時、世界は、封神計画はどうなるのか。

封神演義の口コミ情報!

主人公の太公望は怠け者で常に飄々としている決して格好いいヒーローではないのですが、本当は優しく自分を犠牲にしても人を助けることが出来る真の強さを持っているところが魅力的です。
そして力ではなく頭がいい策略家なところも他の主人公とは違くていいなと思います。

なんといってもたくさん出てくる登場人物が敵味方問わずに全員が魅力的なところです。
個性豊かなキャラクターばかりなのですがその個性がぶつかりあってないところもすごいなと思いました。誰一人としてこの漫画にはかかせない魅力をもっています。
そして封神演義という漫画自体の世界観も素晴らしいと思います。
読み進めていくうちに色々な真実が明かされていくのですがどんどん物語が壮大になっていくのですが最後はスッキリまとまって終わらしてくれています。こんなにきれいに終わった漫画も珍しいのではないでしょうか。

歴史を土台にしたお話なので少し難しいのかもしれないと思うかもしれませんがまったくそんなことはありません。主人公の太公望をはじめ出てくるキャラクターはみんな面白く結構ギャグの要素が強い漫画だと思います。少年漫画のジャンルですが絵もきれいでかわいいキャラクターもたくさん登場するので女性が読んでも絶対にはまると思います。

少年漫画の熱くて強い主人公やただかっこいいだけの主人公に少し疲れてきてしまったらぜひ封神演義を読んでみてほしいです。読んだ人は必ず太公望のファンになると思います。